スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスフロMMMの経験値考察

▼経験値を構成する要素の定義

Ⅰ.敵レベル

突入したメンバーで一番レベルが低い人が基準

小型 : Lv-1 ~ Lv+1
大型 : Lv+0 ~ Lv+2

Ⅱ.敵レベルを調整するメイズルーンの効果

偉力 : Lv+6
強力 : Lv+3

Ⅲ.レベル別経験値テーブル

Lv01-30 : Lv+7 = 200 / Lv+8 = 200 / Lv+9 = 200 / Lv+10 = 200 / Lv+11 = 200
Lv31-45 : Lv+7 = 195 / Lv+8 = 200 / Lv+9 = 200 / Lv+10 = 200 / Lv+11 = 200

※シグボーナス有
※5人PT

Ⅳ.チェーン

1チェーン : 120% ( 200 * 1.20 = 240 )
2チェーン : 125% ( 200 * 1.25 = 250 )
3チェーン : 130% ( 200 * 1.30 = 260 )
4チェーン : 140% ( 200 * 1.40 = 280 )
5チェーン : 150% ( 200 * 1.50 = 300 )


Ⅴ.敵の数

小型 : 8匹 ~ 10匹
大型 : 6匹

Ⅵ.箱の経験値

▼修行の契約有
敵 : 25%
箱 : 75% × 倍率a

▼修行の契約無
敵 : 50%
箱 : 50% × 倍率a

倍率:1.2倍~1.5倍として試算

▼修行の契約有
敵 : 25%
箱 : 90% ~ 112.5%
--------------------------------
計 : 115% ~ 137.5%

▼修行の契約無
敵 : 50%
箱 : 60% ~ 75%
--------------------------------
計 : 110% ~ 125%

Ⅶ.種族ボーナス

詳細不明ではあるが、大型モンスにはある程度(5%程度)の経験値ボーナスが付いてる模様

※既存エリアの種族ボーナスとは異なる

Ⅷ.コルセアズロール

左から順に 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/Bust

メイン : +10%/+11%/+11%/+12%/+20%/+13%/+15%/+16%/+8%/+17%/+24%/-6%

サポ  : +2%/+?%/+?%/+3%/+7%/+3%/+5%/+?%/+?%/ +6%/+8%/-3%

Ⅸ.経験値指輪

          経験値ボーナス  ボーナス総量  コンクエ周期ボーナス総量
戦車の指輪 : 75%        500        3500
女帝の指輪 : 50%        1000       7000
皇帝の指輪 : 50%        2000       6000
アニバーサ  : 100%       3000       -
クポフリート  : 100%       6000       -
アライド    :  150%       9000       -




▼ここから考察

実データが伴ってないので間違っている箇所多数。

ああ、ちなみにアスフロでの話をします。


▼経験値単価
偉力+強力を使用すると、シンク基準が1匹目でレベル上がったとしても、最低Lv+7は保証されている。

 ⇒ 経験値単価 = 200


▼敵数
実は一番稼ぎに直結するポイント。
小型ルーンを仕込んでも大型が混じる事なんて日常茶飯事だが、パターンとしては以下

低条件 : 大型(6匹) + 大型(6匹) + 小型(8匹) = 20匹

高条件 : 小型(10匹) + 小型(10匹) + 小型(8匹) = 28匹

※小型10匹は一匹コウモリ or カニのみ

 ⇒ 敵数 = 20匹 ~ 28匹


と、ここまで書いて、そんなにパターンないんだから最高・平均・最低のデータ出した方が早い事に気付いた。


▼理論上最高値

1.基本取得経験値
200 * 28 = 5,600 Exp

2.チェーンボーナス加算
5,600 + 40 + 50 + 60 + 80 + 100 * (28 - 5) = 8,130 Exp

3.コルセアズロール加算
8,130 * 1.24 = 10,081 Exp

4.アライドリング使用
10,081 + 9,000 = 19,081

5.敵から直接取得する経験値
19,081 * 0.25 = 4,770 Exp

6.箱から直接取得する経験値
19,081 * 0.75 * 1.50 = 21,466 Exp

7.総経験値
4,770 + 21,466 = 26,236 Exp


▼現実

1.基本取得経験値
バード、アクアンの全パターンは以下の通りです。

10匹:2種(コウモリ・カニ)
8匹:4種(3匹コウモリ・死鳥・コリブリ・魚)
6匹:4種(コカトリス・大鳥・ヒポグリフ・タコ)

以下のように仮定します。

・小型は6種から平均ランダム
(10 * 2 + 8 * 4) / 6 = 8.66匹

・大型は3割で混在
0.7 * 8.66 + 0.3 * 6 = 7.8匹

・3区画
7.8 * 3 = 23.4匹

200 * 23.4 = 4,680 Exp

2.チェーンボーナス加算
大型が混じるとチェーンが切れる事が多いですが、面倒なんで今回はフルチェーンで・・・

4,680 + 40 + 50 + 60 + 80 + 100 * (23.4 - 5) = 6,750 Exp

3.コルセアズロール加算
不人気ジョブで参加する人がほとんどなので、メインコルセアなんていないです。
60回やってるけど見た事ないのが現実( ^ω^)

というわけでサポコロールのⅤ~Ⅹの平均値を適用 : 0.0466

6,750 * 1.0466 = 7,064 Exp

4.指輪不使用
8割方皇帝が多いですね。次点で女帝。
ただ、1アスフロで1回しか使えないんで今回は除外しときます。

7,064 = 7,064 Exp

5.敵から直接取得する経験値
7,064 * 0.25 = 1,766 Exp

6.箱から直接取得する経験値
箱ボーナスはよく分かってないのもあるし、中間値を設定します : 1.35
7,064 * 0.75 * 1.35 = 7,152 Exp

7.総経験値
1,766 + 7,152 = 8,918 Exp


まあ、大体こんな具合になるんではないかと思います。

1万稼げない事が多いんで、割と現実味のある数字かも(・ω・)

一ついえる事はこんな事やってるなら試行回数増やして、
結果論で語ったほうが見に来てくれる方も喜んでくれるのではないでしょうか・・・

というわけで現在データ取ってますが、中々サンプルが集まらないですね。

100件ぐらい貯まったらもう一回まとめてみます。
スポンサーサイト

アスフロMMMのやり方(改)

アスフロMMMのやり方ですが重要な点だけ書きます。


▼事前準備

①高レベルの釣り役(この人だけ経験値貰えません)
②召喚士
③シンク基準(Lv10~34程度)

もし、召喚士のLv、またはレベルを上げたいジョブのLvが③の範囲である場合、③は必要ではありません。


▼手順

Ⅰ.上記①~③を揃える
Ⅱ.タビュラを貰う
Ⅲ.MMMに突入する
Ⅳ.①はPTから離脱する。残った5人は③にレベルシンクする。
Ⅴ.①は最奥から敵を釣る。残った5人はマンガでも読む。
Ⅵ.①が全ての敵を集めて、残してきた5人と合流、②にプロテスIVをかける。
Ⅶ.②がアスフロ→ダイヤモンドダストを3回ぶち込む。①はエンII回しを行い続ける。
Ⅷ.残った敵を適当に倒す。(普通残らない)
Ⅸ.箱を開けて経験値ゲット
Ⅹ.①・②・③のジョブを交代してⅠ.~Ⅷ.を人数分繰り返す。
XI.人数×10000程度の経験値ゲット


▼補足

①高レベルの釣り役(この人だけ経験値貰えません)

シンク基準がLv10台だったら忍・シとかでも可能。サポ赤ファランクスは欲しい。
白赤黒ナ学などの強化スキル持ちならば、Lv30ぐらいまでは可能。(実績Lv32)

作るマクロ

/ma プロテスIV <召喚士>

/ma ケアルII <召喚士>

/ma ファランクス < me>

/ma エン○○○○II ×6

/sit

②召喚士

いいから黙ってこの3つのマクロを組め

/ma シヴァ召喚 < me>

/ja アストラルフロウ < me>

/pet ダイヤモンドダスト < stnpc>

アスフロする時は30匹ぐらいのザコが集まってて激重です。
今まで野良で一番多い失敗は召喚士が3発撃てない事。


③シンク基準

アスフロPTの目的はレベル上げ、メリポ稼ぎなど人それぞれです。
その中でもLv10-Lv34ジョブのレベル上げを目的とする人は本当に神様です。

何故ならその人は常に基準ジョブを出してくれるわけですから、
その分他のメンバーが基準ジョブを出す必要がなくなるわけです。

ちなみにLv34までなのは、釣り役の被ダメ云々より、アスフロで倒しきれなくなるパターンが多いからです。


Ⅱ.タビュラを貰う

001「アクアン」
003「バード」
014「小兵」(風属性合わせ)
017「偉力」
018「強力」
102「四面楚歌の試練」
108「修業の契約」

これ基本。

アクアンのみとかだと釣りやすいんだが、カニ(10匹)、魚(8匹)、タコ(6匹)、ほぼ固定なんで経験値的に不味い。

バード入れると単品コウモリ(10匹)とかが混じる可能性あるんで、平均して経験値の底上げになります。


Ⅲ.MMMに突入する

シュッシュッ!


Ⅳ.①はPTから離脱する。残った5人は③にレベルシンクする。

厳密に言うと、レベルシンクするまでに①は抜ける。
レベルシンクはアスフロする直前までしなくてもOK。

まあ、チャットしたいならアスフロまで6人で組んでてもいいかもしれませんな。


Ⅴ.①は最奥から敵を釣る。残った5人はマンガでも読む。

釣り方は人それぞれですが、慣れるまでは最奥から釣った方がいいでしょう。
慣れてきてタイムアタックとかしたいんであるならば、
手前から釣っていき、残った5人も後ろをついていき、最奥でアスフロが最速だと思います。
ただ他5人はほぼ何もしなくていいというアスフロMMMの利点を殺してる気がする。

ちなみに敵を釣るのは /sit
これで敵が絡んでくれます。

しかし敵の感知範囲に、既に絡んでいる同種族の敵がいると絡んでくれません。

従って、聴覚感知とかだと一旦距離を置いて、滑り込みながら絡ませる必要があります。
視覚感知は後ろから滑り込んで下さい。前からでも距離があれば出来ます。

あとどうしようもないんですけど、敵に殴られまくると立ち上がれなくなります。
これはもう耐えるしかないです。。間隔短いコリブリとかいると症状がマッハになります。


Ⅵ.①が全ての敵を集めて、残してきた5人と合流、②にプロテスIVをかける。


召喚士はこのプロテスIVがかかるまでは、アスフロしないぐらいの気持ちでいて下さい。


Ⅶ.②がアスフロ→ダイヤモンドダストを3回ぶち込む。①はエンII回しを行い続ける。


②召喚士の項にも書いたけど、マクロは作って下さい。

今までの失敗一覧

・召喚士がアイテムへイト、召喚へイト、履行へイトでタゲとって死んだ
 ⇒ 事前にプロテスIVをかける、また名前指定のケアルマクロで対策済

・召喚士がアスフロ3発撃てなかった。
 ⇒ Lv19以上ならばサンダースパークでちびちび削る。
   もしくは上げたいジョブが召喚士の人がいる場合、
   その人のアスフロ担当を最後に回して保険要員にしとく。

・召喚士の2時間アビが使用不可だった
 ⇒ 上記と同じ。保険要員を入れるぐらいしか予防出来ない。

・召喚士がアスフロを理解してない
 ⇒ 今まであったのが
    ペットコマンドにエリアルブラストとクローしかないです;; ⇒ クロー実行
    ・・・エリアルブラストがアスフロですね(#^ω^)


あとアイテムとかイラン。ヒーリングでMP十分回ります。
アイテム使うと大体殴られるので、不測の事態以外使わないようにしましょう。

エンII回しをちゃんとやれば、どんな事があっても殴られる事はないです。
①~③以外のジョブが精霊撃ってもビクともしません。

/sit釣りは絡まれ釣りと違って不思議とヘイトリストに載るんですね。
そこで割と累積ヘイト高めのエンIIを回すとタゲばっちり固定できます。


Ⅷ.残った敵を適当に倒す。(普通残らない)

釣り役、召喚士以外の4人はチェーンを繋ぐために@1mmの敵を倒してもOK
いっぱいHP残ってるのは大人しく釣り役に倒して貰いましょう。






と、まあこんな感じです。

習うより慣れろ。

2垢なら1垢盾固定。1垢レベル上げジョブ固定でおいしいです( ^ω^)


あとの4人に召喚士、基準ジョブ、タビュラを出して貰って1日20回とかやる事も可能。

夜に叫べば大体1回のシャウトで4人枠埋まります。

やっぱりやり方が日本人では浸透していないというのと、一番面倒な盾やらなくていいってのがでかい。
こればっかりは主催する日本人は見た事がありません。

お陰で自分は他人のタビュラで飯がウマイ( ^ω^)状態ですけど。

全員裸でいいし、稼働時間は各自分散してるんで、メリポみたいに忙しくない。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。